So-net無料ブログ作成

【まろ】内山麿我 東野・有吉のどん底 赤裸々告白!

Sponsored Link

マロこと内山麻我が 東野と有吉が司会をするどん底へ出演し
歌姫Aとの交際から破局までを赤裸々に語った。

まずはAと付き合う前にいた2人の女性について年表で解説。

マロが21歳くらいに結婚したB子さん。
性格の不一致だったということで離婚を申し出たがB子さんは拒否。
そもそもなぜマロが離婚したいかと思ったかというと
B子さんがもっと稼いでほしいというようになったからだという。
ちなみにB子さんはマロの15歳年上。
マロはまだ駆け出しのダンサーで収入はほとんどない状態。
それを承知で結婚したのではと思うのだが・・・結婚とは人を変えてしまうものなのだろう。

別れてくれないB子さんから逃げるようにして家を出たマロ。
そのあと交際したC子さんとの間に子供ができる。
B子さんとは離婚調停中だった。
C子さんには養育費を払っているという。


有吉が「なんでつけなかったんだよ」と突っ込むと
東野が「ダンスなんて求愛行動。途中でちょっとまって・・・ってつけるのかっこ悪い」と擁護していた。

そんなこんな状態なのに、さらに歌姫と交際。
マスコミに上記の件をすべてばらされ、歌姫激怒→破局→追い出される→ホームレス生活

となるわけだ。

当時のホームレス生活もご本人再現VTRで振り返っていた。

40万しか持っていない中、ワンボックスのレンタカーで車上生活。
その時、何を思ったか(本人いわく、神のお告げ)25万もするギターを買って、アーティストになることを決意。

お金がないときは草を食べたり、駐車場で寝たりしていたという。


最後の方でテロップにモザイク、音声にピー音が入っていたが
「あの歌姫を裏切っても生きていられるってことがわかった」と有吉がいっていたw

まろ自身もそれはどこかで、恐れていたようで
子どものために生命保険に入ったという(笑)
何も残してやれないんじゃ、父親として情けないと思ったらしい。

心のどこかで、危険な目にあう想像はしていたようだ。

当時よりも、今べらべらしゃべっている状況の方が危ないと思うのは私だけ??



アルバムも自社レーベルから出しているようだが
恐らく売れないだろう。

今は時の人としてもてはやされているが
勝負はここからだ。

音楽の実力がどれだけかは分からないが
神が告げたことが本当であることを祈るばかりである。

Sponsored Link


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。